畳張替え前に要チェック!注意すべき張替えにかかるトータル費用

和室

日焼けで色あせてきたら

畳張替え方法で、一番最初に行うのが裏返しです。擦り切れたり日に焼けた表面部分を裏返して、裏だった部分を表に持ってくる作業です。簡単そうに見えて非常に技術が必要な作業です。新しく買うよりも裏返しした方が安く抑えることができます。

詳しく見る

業者探しの注意点

女の人

総費用をチェックして

畳の表側は日光にあたることにより劣化が進んでいきます。そのためある程度経ったら張替えする必要があります。畳の張替えは表と裏を返すだけの場合と、畳自体を新調する場合があります。畳自体がそこまで古くないのならば表と裏を返すだけでも問題ありません。こちらの方法は安いので、替えてから三年くらいまでならばこちらの方法をまず検討してみるとよいでしょう。逆に経年劣化が進んだものは裏返してもやはり質が改善しないことが多いです。その場合は新調して張替えないといけません。新調した場合は畳床ごと交換する上、今使っていたものを廃棄する費用もかかるので二重に費用がかさみます。ですが気持ちよく使うには必要なことなので、安くすませたいのならば安い業者を探すことを意識しましょう。畳の張替え業者はネットで検索すればたくさん出てきます。自分の住んでいる地域を入力すれば自分のエリアに対応している業者をピックアップできます。業者をピックアップしたら、値段やサービスで比較しましょう。その際注意すべきなのがトータル費用で比較することです。前述のとおり、費用には廃棄の費用もかかります。廃棄の費用と新調の費用、作業工賃も含めてトータルの費用で比較しないと本当に安いところはわかりません。電話や店舗に赴いて問い合わせをしてもよいのですが、より簡単なのはネットの見積もりサイトなどを利用することです。紹介会社などを利用するのもよいでしょう。

男の人と女の人

表替えの時期

畳の張替えには3つの方法があり、裏返しが終わったらもう1度裏返しすることはできず、表替えを行います。畳表と縁を新しいものに変えます。ホームセンターにいけば張替えに必要なものは購入できますが、素人では困難なのでプロの業者に依頼が一番です。

詳しく見る

女性

どこに頼めばいいのか

畳の張替えは、引越し業者の一括見積と同様にインターネットで複数の業者をまとめて見積もりをすることができます。個々の畳会社に電話をする必要がありませんので、ネットで見積もりの比較検討ができ時間と手間が省けます。

詳しく見る

畳

できるだけ安く張替依頼

畳張替えを安く済ませようと思ったら一括見積りで複数業者の見積りをもらうことです。比較検討できますが、料金の安さ以外にも施工実績や補償内容、サービス、畳の種類やデザインの豊富さなど、あらゆる視点から比較をすることです。

詳しく見る

作業員

専門店を探そう

畳は劣化してきたら張替えをしましょう。専門業者もしくは専門店に依頼することになります。持ち家なら個人で探して依頼することになりますが、賃貸は賃貸経営者が依頼することになるものです。特に入居者が決まった時に張替えを行なうことが多くなっています。

詳しく見る

Copyright© 2018 畳張替え前に要チェック!注意すべき張替えにかかるトータル費用 All Rights Reserved.